トラブルにならないようにしっかりと気を付けておこう!

トラブルにならないようにしっかりと気を付けておこう!

賃貸トラブルの代表格

賃貸住宅に関する最も代表的なトラブルの原因として、敷金返還問題というものがあります。これは主として退去時に発生しやすいトラブルで、入居時に預けておいた敷金を大家さんから返してもらえずに、大家さんとの間でトラブルになってしまうというものです。賃貸住宅の退去時というのは、部屋の修繕に関するトラブルが起きやすく、その修繕費用に敷金を充てるかどうかで、大家さんとの間にトラブルが発生してしまうというわけなんです。

原状回復義務というのを覚えておく

賃貸住宅には原状回復義務というものがあります。ちょっと難しい言葉でわかりにくいですよね。原状回復というのは、要するに元の状態に戻すということですが、これを賃貸住宅に当てはめると、部屋を住む前の状態に戻すということです。といっても、入居者の側からするとこれはちょっと理不尽な義務ですよね。暮らしていれば住居というのは必ず劣化していくものです。それを元に戻せと言うのでは、ちょっと入居者に不利な気がしますよね。

善意注意義務というのも覚えておく

原状回復義務と合わせて覚えておきたいのが善意注意義務というものです。善意注意義務というのは、要するに部屋を汚さないように気を付けなければならない義務のことです。一般的に部屋の修繕というのは、この善意注意義務というのを怠った場合にのみ原状回復義務が生ずるのです。すなわち、故意や悪質な不注意によって部屋を汚したり傷つけてしまったような場合に限って原状回復の義務が及ぶのであって、そうでない汚れや傷みなどは、入居者の責任が及ぶ範囲ではないんですね。

札幌の賃貸マンションは札幌駅を中心に多くあります。札幌駅には不動産会社もあるのでマンションは探しやすいです。