引越しの挨拶ってどうしてる?正しい作法とは

引越しの挨拶ってどうしてる?正しい作法とは

引越しの挨拶は最低限の礼儀

賃貸住宅に引越した後、お隣さんや周辺の住人の方と良好な関係を築くことって意外と大事なことですよね。一昔前はお隣さんとでしょうゆの貸し借りをしたなんてよく聞きますが、今ではそこまでのことはしないまでも、せめて顔くらいは知っておきたいものです。引越しを完了したら、引越しをした当日か、遅くとも3日以内には引越しの挨拶をするというのが礼儀と言われています。人間関係が希薄な現団においては、面倒だからついついやらなくても良いかと思ってしまいがちですが、できるだけやるようにしましょう。

どこまで挨拶すればよいの?

引越しの挨拶をするとき、誰にすれば良いのか迷ったりしませんか?隣の人にはするべきだけど、その隣の人にはした方が良いのかと悩んでしまいますよね。賃貸住宅の場合、階数や部屋数にもよりますが、とりあえず上下左右の住人にはしっかりと挨拶することがマナーです。すなわち、隣り合わせの部屋と、住んでいる部屋の上の階と下の階の部屋ですね。合計4軒回らなければいけないので、ちょっと大変ですが、後でトラブルにならないためにもしっかり挨拶しておきましょう。

挨拶の品はどんなものが良いの?

引越しの挨拶をする際、どんな品物を贈ったらよいのでしょうか。あまり粗末なものを贈っても失礼ですし、逆に高価なものを贈っても相手に気を使わせてしまうかもしれませんよね。引越しの際の品物の定番と言えば、たとえば入浴剤のセットや菓子折りなどです。入浴剤には使用期限がなく、いつでも使えるといことから喜ばれやすい品物なのです。また、地元の名産品などを贈ったりすると、素性を知ってもらうという意味でもちょうど良いかもしれません。

帯広の賃貸マンションには、訪問者の顔が映像で映し出されるテレビモニター付きのインターホンが取り付けられているので、子供がいる家庭や一人暮らしをしている女性も安心です。